【お酢ドリンク】さっぱり美味しい!健康に良いお酢を使ったアイスドリンクの作り方【2種類】

Pocket

お酢は、血圧や血糖値の上昇を抑えたり、内臓脂肪を減らしたり、さまざまな効果を期待できる健康食品です。そんなお酢の効果を活かして、毎日の健康に役立ててみませんか?今回の男の家事.comは、リンゴ酢を使ったアイスドリンクを2つ紹介します。

① アップルビネガーウォーター

アップルティーの爽やかな香りと、すっきりしたりんご酢の味わいをプラスしたアイスウォーター。フレーバーウォーター感覚でゴクゴク飲めるように仕上げます。

アップルビネガーウォーターの作り方

作り方は簡単!アップルティーをいれて、リンゴ酢などの材料を加えるだけ!今回は、ごくごく飲めるように、すっきりした甘さと酸味を目指します。

<材料(約1L)>

  • アップルティー・・・・・・・・・・・・・・ティーバック
  • リンゴ酢・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(15ml)
  • ハチミツ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • オリゴ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1L

 

<作り方>

  1. ティーポットに熱湯500ccとアップルティーのティーバックを入れます。
  2. 3分ほど待ってから、ハチミツとオリゴ糖を加えます。甘さは好みで調整。
  3. 冷めたらリンゴ酢を加えます。
  4. 冷めたらピッチャーに入れて、さらに水500ccを加えます。
  5. 冷蔵庫で冷します。

② ローズヒップ&アップルビネガーのアイスティーの作り方

作り方は簡単!ローズヒップティーをいれて、リンゴ酢などの材料を加えるだけ!ローズヒップティーは酸味が強いハーブティーなので、アップルティーよりも甘さを強めにします。


<材料(約1L)>

  • ローズヒップティー・・・・・・・・・・・・ティーバック
  • リンゴ酢・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(15ml)
  • ハチミツ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • オリゴ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1L

<作り方>

  1. ティーポットに熱湯500ccとローズヒップティーのティーバックを入れます。
  2. 3分ほど待ってから、ハチミツとオリゴ糖を加えます。甘さは好みで調整。
  3. 冷めたらリンゴ酢を加えます。
  4. 冷めたらピッチャーに入れて、さらに水500ccを加えます。
  5. 冷蔵庫で冷します。

ローズヒップティーとは?

ローズヒップティーは酸味のあるすっきりした味わいのハーブティーです。ローズヒップは、バラ科バラ属の植物の果実です。生の果実ならレモンの60倍と、ビタミンCの含有量が多いことから「ビタミンCの爆弾」といわれています。ヨーロッパでは、ローズヒップティーとして、中国では漢方として利用されてきました。ローズヒップティーでは、ハイビスカスを加えて風味と色を加えたものが多いようです。

リンゴ酢の効果とは?

「1日1個で医者入らず」といわれるリンゴの果汁で作ったリンゴ酢は、美肌効果やダイエット効果などを期待できます。

<男性にうれしい効果>

血糖値の上昇を抑える

食事と一緒に飲むと、食後の血糖値上昇がゆるやかになるといわれています。

血圧の上昇を抑える

酢の主成分である酢酸が、血圧の上昇に関係するホルモンの働きを抑えるといわれています。

内臓脂肪を減らす

内臓脂肪が減るという研究データがあります。

<女性にうれしい効果>

美肌効果

美肌効果に期待できるビタミンCですが、壊れやすい性質を持っています。リンゴ酢には、ビタミンCを壊れにくくする効果があるといわれています。つまり、ローズヒップティーとリンゴ酢の相性はとてもよいのです。

ダイエット効果

リンゴ酢に多く含まれるアミノ酸は、体内の脂肪を燃焼させる効果があります。また、リンゴ酢には腸内の悪玉菌の増殖を抑える効果もあり、便秘を改善します。

まとめ

お酢を使ったドリンクは女性に人気の飲み物です。妻と自分の健康のために、この夏は、アイスのお酢ドリンクを作ってみませんか?

Pocket