年賀状に使える!子年(ねずみどし)にちなんだ一言集

Pocket

2020年の干支は「子(ねずみ)」年です。干支のイラストが入った年賀状の定番ですが、数多く届く年賀状の中で「できるだけ目立ちたい」「“ねずみ”の言葉を使った年賀の挨拶を添えたい」という方のための文例案を紹介します。

子(ねずみ)のイラストは、送る相手で変える

目上の人や上司、お世話になった方などに送る年賀状と、親しい友人に送る年賀状は書き分けた方がよいでしょう。イラストの選択も送る相手に合わせた方が失礼がありません。

  • 仲の良い友人や親戚に送る   
  • 親しみを感じさせるイラストを家族写真のワンポイントに使う。
  • 目上の方や上司、お世話になった方に送る 
  • 水墨タッチや水彩タッチなど、高級感のあるイラスト。
  • 仕事の取引先に送る      
  • 書画風の「子」の文字。

手書きのメッセージを添えるのがマナー

最近の年賀状は印刷が多いのですが、「今年もよろしくお願いいたします」「仲良く暮らしています」「おかげさまで元気に暮らしています」など、手書きの“メッセージ”を必ず添えましょう。特に「子(ねずみ)」をもじったメッセージは、もらった相手に印象が残ります。

ねずみに「子」の文字使われる理由とは

十二支の漢字は、もともとは農業の作物の発達を12段階に分けたもので、種子から亥までを表現していて、それを庶民に覚えてもらうために動物の名前を当てはめたとされています。十二支の12番目である「子(ねずみ)」年は、運気の新しいサイクルを意味する年です。作物に例えるなら、種子が膨らみ始める時期で、成長(未来)に向けての喜びと可能性を感じさせます。

子(ねずみ)年の意味

ねずみは子供を沢山産んで増えていることから「子孫繁栄」の象徴でもあります。

「子(ねずみ)」にちなんだ挨拶

家族の近況を伝える

「子年生まれも、◯年生まれも、家族みんな仲良しです」

「(赤ちゃんの写真を添えて)チュー!したくなるほど、可愛い子に恵まれました!」

「長男がチュウ(中)学生になりました」

仕事への抱負

「仕事にチュー意!して頑張ります!」

「新規案件を“ねずみ算”のように増やします!」

「今年は、きラット輝きます!」 ※ねずみ=ラット(英語)

「仕事にガンバります!」 ※アニメ ガンバの冒険 より

「夢チューに業務に頑張ります!」

友達へ

「今年こそ!すラット!ダイエットを成功させるぞ!」

「また、ふラット遊びに行くね!」

「今、◯◯に夢チューです!」

一言

「今年もよろしく子(ね)」

「明けましておめでとうございマウス」

「今年は子(寝)正月です」

「ハッピー!チュー!イヤー!」

「今年もいい子(ね)をもらいましょう!」

Pocket