【一般的な年賀状】知っておきたい!年賀状の宛名書きのマナー【ビジネス年賀状】

Pocket

一年のご挨拶を伝える年賀状。年賀状の宛名は、もらった方がはじめに確認するところです。年賀状の宛名は、個人宛の「一般的な年賀状」と、仕事関係の「ビジネス年賀状」で書き方のマナーが違うことをご存じですか?今回の男の家事.comは、宛名書きのマナーを紹介します。

基本的な宛名書きのルール

「一般的な年賀状」と「ビジネス年賀状」に共通する基本的なマナーを確認します。

赤ペンはNG

筆ペンや黒インクのペン、毛筆などを使います。私製はがきを使う場合は、赤字で「年賀」と記載します。

失敗した年賀状は送らない

住所や名前などを失敗した場合は、修正液などで消さずに書き直します。郵便局の「お年玉付き年賀はがき」なら、1枚5円の手数料で新しいはがきに交換してもらえます。

住所は省略せずに書く

郵便番号を記載すれば、市区町村名(行政区名)までは省略しても届くのですが、挨拶状でもある年賀状は都道府県から丁寧に書くのがベスト。縦書きの宛名は、番地などの数字は漢数字を使います。わかりにくい「一二」などは「十二」と記載します。

宛名のレイアウト(縦書き)

  • 住所は、郵便番号の右端よりも内側に書きます
  • 宛名は、はがきの中央に大きく書きます。
  • 住所は「様」よりも上で終わらせます。住所が長い場合は、区切りの良いところで改行し、1行目よりも下から書きはじめます。

差出人のレイアウト(縦書き)

差出人の住所・氏名は、宛先・宛名よりも小さく書きます。レイアウトは、センターより少し上から書きはじめ、宛名に近づき過ぎないように書きます。差出人の郵便番号も省略せずに書きます。

「一般的な年賀状」の書き方

マナーを抑えた失礼の年賀状を書きましょう。

目上の方や上司、恩師などには縦書きが基本です。

正式な年賀状は縦書きが基本です。目上の方や上司、恩師など、正式な縦書きにした方が無難です。友人や親しい親戚への年賀状なら、裏面のデザインに合わせて横書きの宛名も問題ありません。

気をつけておきたい敬称の書き方

  • 個人名の場合は「○○ ○○ 様」です。「様」は1文字ほど空けて、氏名よりも少し大きく書きます。
  • 恩師や医者、政治家の場合は「○○ 先生」と書きます。

宛名を連名で書く場合

宛名を連名(夫婦宛・家族宛)で書く場合は、代表者の氏名を書いたのち、名字を省いてもよいですが、「様」は各々につけます。それぞれの名前がわからない場合は「御奥様」「御家族様」などと書いても失礼ではありません。

差出人の書き方

引っ越しているときは、住所が変更したことを伝えましょう。子供が生まれた場合は、名前にふりがなをつけます。

「ビジネス年賀状」の書き方

ビジネス年賀状は、「会社名や部署名、役職名」「レイアウトや文字の大きさ」「敬称」など、細かな注意が必要です。

横デザインの年賀状でも、宛名は縦書きで

最近は、横書きのデザインも多くありますが、ビジネス年賀状の宛名は正式な縦書きがマナーです。

文字の大きさは、宛名>会社名>住所>差出人住所が基本です

株式会社○○○○の場合

株式会社は、社名よりも小さく書きます。略式の(株)はマナー違反です。
部署名は会社名で改行し、小さく下げて書きます。

正しい役職名の書き方

氏名の上に役職名を書きます。最近多くあるカタカナ役所は、部署名の下に書きます。

  • 1行の例:「部長」「課長」「係長」「チーフ」「理事長」など
  • 2行の例:「代表取締役 社長」「取締役 社長」「代表 取締役」「取締役 会長」など
  • 部署名下の例:「アートディレクター」など

敬称の正しい書き方

  • 会社名を宛名にする場合:株式会社○○ 御中 と書きます。会社内の個人宛は

(誤)株式会社○○ 御中 ○○ 様

(正)株式会社○○ ○○ 様

  • 医師や弁護士、政治家宛の場合:○○ 先生 と書きます。

基本的なマナーを守ることで、相手に失礼のない年賀状を送ることができます。

Pocket