【帰省】お正月の手土産の予算と、喜ばれるもの、気をつけておきたいマナー

Pocket

年末年始の予定では、実家への帰省という方が多いのではないでしょうか?なかでも義実家への訪問は、とても気をつかい、頭を悩ませます。
今回の男の家事.comは、帰省時の「手土産の予算」「なにを持って行くか」「渡すときのマナー」などを紹介します。

手土産の予算は?

あるアンケート調査では、約7割の人が「3,000円未満」と回答しています。

1,000円未満 9.2 1,0002,000円未満 34.2 2,0003,000円未満 28.3
3,0004,000円未満 10.5 4,0005,000円未満 4.8 5,00010,000円未満 2.7
10,000円以上 0.6

滞在日数や会う頻度で検討します

どのくらい会っているか?日帰りもしくは滞在か?何度か行っているのであれば「義実家(実家)が、どのくらい費用をかけて迎えてくれているか?」なども検討します。

  • 1年に1回程度:遠距離のため滞在する場合は、3,000〜5,000円程度が良いでしょう。
  • 近所でよく会う:高過ぎる土産は、相手に気を使わせます。

手土産はなにか良いか?

親類が集まる場合が多い正月では、みんなで食べられるスイーツやフルーツなどが喜ばれます。

  • 地元のスイーツ(お菓子)
  • お取り寄せのスイーツ(お菓子)
  • 正月飾りがついたスイーツ(お菓子)
  • フルーツの盛り合わせ

渡すときのタイミングは?

訪問した時、玄関ですぐに渡すのは失礼です。きちんと挨拶をかわし、部屋に通された後に一言添えて渡しましょう。あらたまった場合では手土産を風呂敷に包むこともありますが、通常では百貨店の紙袋に入れて持参してもよいでしょう。

帰省の日時の連絡は早めに!

最近では、おせち料理やオードブル、寿司など、予約注文される家庭が増えています。毎年のことだからといわず、「○月○日に帰ります」と早めに義実家(実家)に連絡しておきましょう。

お年賀の予算

参考までに「贈る対象別のお年賀の目安」を紹介します。

贈り先 最多回答 2位回答 3位回答
全体 3,000 2,000 5,000
親・親類 3,000 2,000 5,000
勤務先の上司 5,000 1,000円〜4,000
取引関係 5,000 3,000 1,000
友人・知人 3,000 2,000円・5,000 1,001円〜1,999
隣近所 1,000円・2,000 1,001円〜1,999 999円・3,000円・4,000
自分の仲人 3,000 1,001円〜1,999円・2,000 5,000
習い事の先生 2,000 5,000 3,000
Pocket