【簡単】ガラストップ ガスコンロの汚れ防止シート【安い】

Pocket

最近のガスコンロは、汚れが付きにくいガラストップコンロがありますが、焦げ付きなどの汚れは付くようです。「ガスコンロの掃除が面倒」「ガスコンロの傷や汚れが気になる」という方には、ガスコンロの防止シート(マット)がおすすめ。今回の男の家事.comは、価格の安いアルミタイプのガスコンロシートをご紹介します。

ガラストップコンロの汚れ

「ふきこぼれても、サッと拭くだけで汚れが取れる」といわれているガラストップガスコンロですが、いくつかの理由に汚れが付くことがあります。ガスコンロは長く使うものですから、できるだけキレイに使いたいですね。

  • ふきこぼれの焦げ付き
  • ガラス面の傷
  • 経年劣化

アルミ製のコンロシート

コンロシートには、樹脂製などのシートがありますが、価格が安く使い捨てもできるアルミシートがおすすめ。ホームセンターなどで3枚で1000円ぐらいで販売されています。アルミシートのメリットは、以下の通りです。

  • 価格が安い。
  • 洗うことができる。
  • 五徳サイズに合わせて、多少のカスタムができる。

ガスコンロは、メーカーによってバーナーリングのサイズが異なり、ぴったり合うシートが見つかりにくいのですが、アルミシートなら、ハサミなどでサイズ調整することができます。

  1. 元のガスコンロ。オプションの幅広五徳が付いている。
  2. 五徳を外します。
  3. アルミシートとガスコンロの位置を確認します。
  4. アルミシートの穴とコンロの穴サイズが異なる場合は、油性ペンで印を付けてからハサミなどで切り取ります。
  5. アルミシートと五徳をセットして完成!

まとめ

アルミシートは、汚れてきたら洗って使い回すことができます。週1回の洗浄で、3カ月ぐらいは使用できます。油汚れは、月日が経つと固い頑固汚れになります。ガスコンロは、10年近く使用するものだから、長期的な視野にたったメンテナンスを心がけましょう。

 

Pocket